安全運行の取り組みEfforts of safe operation

貸切バス事業者安全性評価認定制度において二つ星を取得しました。
安全で安心できるバスを目指し、サービスを強化していきます。

貸切バス事業者安全評価認定制度について

※別のサイトにリンクしています。

貸切バス事業者安全性評価認定制度について

あすかバスは、安全輸送に対する取り組みが優良なバス会社であることが認められ、公益社団法人日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の認定を受けています。

セーフティバスのロゴマーク

認定制度の概要

「貸切バス事業者安全性評価認定制度」について

貸切バス事業者安全性評価認定制度の目的

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、これを公表するもので、平成23年度から運用を開始しました。 これにより、利用者や旅行会社がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするとともに、本制度の実施を通じ、貸切バス事業者の安全性の確保に向けた意識の向上や取り組みの促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供に寄与することを目的としています。

公益社団法人バス協会|貸切バス事業者安全評価認定制度

  1. 評価認定項目について

  2. 安全性に対する取組状況
  3. 事故および行政処分の状況
  4. 運輸安全マネジメント取組状況 ほか

あすかバスは、今後も「安全輸送の確保」を最優先に、ご利用いただくお客様に「安全で安心できるバス」を提供する為、全社員が一致協力してサービスの強化に努めてまいります。
飛鳥・吉野や奈良県で貸切バスをご利用の際は「SAFETY BUS」の認定を受けた「あすかバス」をお選びください。

運輸安全マネジメントへの取り組みについて

  1. 輸送の安全に関する基本的な方針

  2. 経営トップ及び役員は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たして参りました。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対して輸送の安全が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認及びこれに基づく改善(PLAN DO CHECK ACT)を確実に実行し、安全対策を不断に皆青し、社員一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めて参ります。また、輸送の安全に関する情報は、積極的に公表、開示いたします。
  1. 輸送の安全に関する重点施策

  2. 当社は、輸送の安全に関する基本的な方針に基づき、次に掲げる事項を実施しております。
    • 全従業員に輸送の安全が最も重要であるという認識を徹底し、関係法令および安全管理規定に定められた事項を厳守いたします。
    • 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
    • 輸送の安全に関する費用支出及び設備投資を積極的かつ効率的に行うように努めます。
    • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
    • 輸送の安全に関する乗務員および乗務員研修に関する具体的な計画を策定し、これを確実に実施いたします。
    • 当社は、関係企業と密接に協力し、輸送の安全性の向上に努めます。
  1. 輸送の安全に関する目標

  2. 今年度の目標
    昨年度に続き、事故0件を目標とします。
    車輌点検等に努め、車輌故障は目標を0件とします。
  1. 輸送の安全に関する計画

  2. ヒューマンエラーを防ぎ、車輌事故、構内事故を撲滅する。
  3. 全従業員からヒヤリハット情報を定期的に収集・分析し事後喚起ハザードマップを作成する。
  4. 安全交通を最優先した経営方針および事故改善目標の事務所掲示
  5. 実務経験が浅い乗務員、事故惹起者個人教育
  6. 永年無事故ドライバーの表彰
  7. 健康管理から観る事故原因の調査
  8. 繊細な点呼(乗務員の立ち場所を確定し、顔色、声色をよく観察する)
  9. 乗務員研修、懇親会、交通安全に関する研修等スケジュールを立て定期的に実施する。
  10. 内部監査の強化
  11. 飲酒運転の発生防止
  1. 安全統括管理者および安全管理規定

  2. 安全統括責任者 畠山 三郎
  3. 安全管理規定は、※資料1の通りです。

TOPへ戻るのアイコン